もうすぐ楽しい夏休み。この夏の読む本はもう見つけたかな?
7月15日はつばさ文庫の新刊の発売日。
本屋さんに行って、ぜひぜひ新刊をチェックしてね♪

そして、今月の新刊の1つ「いみちぇん!」がなんと2冊同時発売!
1冊目は「いみちぇん!」本編の第9巻。
今回は、モモが薫たちの地元に行って大ピンチに!
お役目も恋も、一気に進展していくドキドキの内容だよ。
くわしくはこちらをクリック!
aside-pop-bn_Imichen-n.png

2冊目は、なんと「漢字ドリル」が新発売!
その名も『「いみちぇん!」式 小学校で習う漢字1026文字攻略ドリル』!!
あさば先生の書き下ろしストーリー付き☆小学校6年間の漢字がマスターできる、ファン必見の1冊。
モモが習字を好きになったきっかけや、モモと矢神の間にある誰も知らない出会いが読めちゃうよ。
この夏休みに、漢字をマスターする絶好のチャンス!
気になった人はここをクリック!

321702000500.jpg


漢字ドリルは、つばさ文庫の売り場じゃなくて、学習参考書の売り場に置かれている可能性も。
見あたらない場合は、本屋さんで聞いてみてね。

この夏も、たくさん本を読んでたのしい時間をすごそう!

今年で第6回になった、角川つばさ文庫小説賞。

【一般部門】の発売を、みんな楽しみにしてくれているよね!

ところで、

小中学生が応募できる【こども部門】のことは、知ってた?


知ってるけど、

......自分の書いた小説なんか、残るわけないよね......

なんて、あきらめちゃったりしているかも?


これまでに、こども部門に入賞した子からも、

「まさか、私が入賞するなんて思わなかった」

「小学校最後の年だから、勇気を出して送ってみました」

なんて声がきかれます。

ハードルが高いって思ってるのは、みんな同じかもね。

だったら、もしかしたら、自分だって!?

って思いませんか?


夏休みのちょっとしたチャレンジとして、

ぜひ小説を書いてみてはどうでしょう。

もし、完成させることができたら、送ってね!

入賞すると、選考委員の先生がたや、

つばさ文庫で活躍している作家さんたちがあつまる

贈賞式に招待されるよ!

レッツ・トライ★


つばさ文庫小説賞 【こども部門】応募のきまりは、こちら

よく読んで送ってね!

『自閉症の僕が跳びはねる理由』の著者・東田直樹さんが、本の出版を記念して講演会「作家として僕が伝えたいこと」を開きます。

会話ができない重度の自閉症でありながら、文字盤ポインティングやパソコンを使って、たくさんの本を書かれている東田さん。作家としても活躍されている東田さんが、いま感じていること、思っていることをお話ししてくれます。

日時:2017年7月15日(土) 13:30~15:15分(予定) 開場13:00
会場:東京都千代田区富士見2-13-3 (株)KADOKAWA 角川第一本社ビル2F
参加費:1000円(税込)
定員:100名(会場の都合上、定員に達した場合は締切を早める場合があります)
お申込み:
申し込みをする人はかならず保護者の人と相談して、カドブンKADOKAWAの文芸情報ページ)のページをよく読んでから申し込みをしてください。

保護者のみなさまへ
★お申し込みに関する注意
・会場の都合上、定員に達した場合は締切を早める場合があります。
・お申し込み後のキャンセルはできません。
・講演中の一般の方の撮影・録音は禁止させていただきます。
・当日の講演の様子は撮影し、カドブンおよび著者Youtubeチャンネル等で後日、配信させて頂く予定です。その際、客席の皆様が映る可能性がございます。

予めご了承頂けますよう、お願い申し上げます。

321702001815.jpg
『自閉症の僕が跳びはねる理由』
著:東田直樹
絵:よん
定価(税込み):756円



sp_bn_Jiheishou.jpg

▲つばさちゃんニュースの先頭へ戻る