角川つばさ文庫

つ

つばさちゃんと本のたび

おりの中の46ぴきの犬 本当にあった奇跡の物語
おりの中の46ぴきの犬 なりゆきわかこ・著 あやか・挿絵
おりの中の46ぴきの犬 どんなにおこられたって、どんなにじゃまされたって、犬たちをぜったいに守るんだ!
おりの中の46ぴきの犬 みんな大好きかわいい子犬。でも、その子犬たちがどんなところで生まれているか、知っていますか?
おりの中の46ぴきの犬 あらすじ/ぼく、良介。犬が大好きな、小学5年生! なかよしのいとこ・ちいにいちゃんも犬が大好きで、犬のブリーダーの仕事をしているんだ。大好きな犬に関わる仕事なんてうらやましい!
おりの中の46ぴきの犬 あらすじ/とまどうぼくだったけど、立ちあがったちいにいちゃんといっしょに、犬たちを守ることにきめた!
おりの中の46ぴきの犬 あらすじ/かなしいけれど、あたたかいなみだにつつまれる46匹すべての犬がたすかった、奇跡のような、本当のお話です。
おりの中の46ぴきの犬 この本に登場する人間と犬たち
おりの中の46ぴきの犬 この本に登場する人間と犬たち/ちいにいちゃん 良介(りょうすけ) 三号(さんごう)
おりの中の46ぴきの犬 この本に登場する人間と犬たち/岩中(いわなか)さん 社長夫婦(しゃちょうふうふ)