おめでとう♥真央ちゃん。 浅田真央物語

『浅田真央物語 Princess Mao』には、こんなことが書かれていますよ。

お姉さんの舞さんと、5歳でスケートを始めたこと。ジャンプが跳べるのがうれしくて、どんどん挑戦していったこと。試合で失敗するとわんわん泣いてしまったこと。など

コツコツとひとつずつクリアして、真央ちゃんは世界のMAOになっていきます。ここに書かれているのは、浅田真央ちゃんの物語ですが、読んでいくと、大人も子どもも関係なく、ある気持ちがムクムクわいてきます。それは、自分の「大好き」を見つけたいと思う気持ち。

大好きなことを見つけられること。大好きなことから逃げないこと。大好きな気持ちをキープできること。

真央ちゃんの、「大好き」は「スケート」でした。あなたの「大好き」は何ですか?

読んだ感想をぜひ送ってくださいね。

読んだ感想をぜひ送ってくださいね。

Copyright All rights reserved. KADOKAWA CORPORATION

つばさ文庫ホームへ